アンチエイジング倶楽部はアンチエイジングに効果のあるサプリメントをわかりやすく紹介、アンチエイジングを心掛けて美しく元気に暮らす方法を提案します。

トップ > 大豆イソフラボン

大豆イソフラボン

大豆特有の成分で植物性ポリフェノールの一種です。女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをするため、更年期障害の症状を緩和する作用があります。

【効果・効能】
更年期障害や骨粗鬆症の予防・改善に効果があります。コレステロール値の低下、抗酸化・抗がん作用があります。

大豆イソフラボンについて1/31にニュースが出てました。
以下、yahooのhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060131-00000118-mai-sociから引用しました。なんでも取りすぎはよくないですね。
===================================================
社会ニュース - 1月31日(火)20時31分

<大豆イソフラボン>食事以外の摂取量は1日30ミリg程度

 大豆に含まれ、女性ホルモンに似た作用のある化学物質「大豆イソフラボン」について、食品安全委員会新開発食品専門調査会(上野川修一座長)は31日、厚生労働省の特定保健用食品(特保)として日常の食事とは別に摂取する場合は、1日の摂取量を30ミリグラム程度に抑えるべきだとする評価書案を大筋でまとめた。ただし、「(一般の)大豆食品の安全性を問題にしているわけではない」とし、特保として上乗せ摂取する場合の評価であることを強調している。
 大豆イソフラボンは、豆腐や納豆などに含まれる。評価書案によると、乳がんや骨粗しょう症の予防効果があるといわれる。一方で、乳がん発症や再発のリスクを高める可能性なども考えられるため、調査会が摂取上限の目安を審議していた。
 調査会には、食べ物からの摂取量が平均的な閉経前の日本人女性21人に大豆イソフラボンを1日約57ミリグラムずつ追加摂取させると、血中の女性ホルモン濃度が約3割低下したなどの試験結果が提出された。調査会はこのデータなどから、特保として上乗せ摂取する場合の安全な上限値を57ミリグラムの約半分の約30ミリグラムと設定した。【高木昭午】
(毎日新聞) - 1月31日20時57分更新

================================================

関連記事

ローヤルゼリー

ミツバチの体内で合成され咽頭腺(唾液腺)などから分泌されるクリーム状の物質です。...

卵黄コリン

卵の黄身にあるリン脂質の主成分で、卵黄ホスファチジルコリンとも呼ばれます。体内で...

無臭ニンニク

古来より滋養強壮に効果があるとして世界中で使われてきた食材です。欧米ではハーブサ...

紅麹

中国で古来より食品の着色に用いられてきた麹菌の一種です。発酵食品として、また伝統...

レッドクローバー

ヨーロッパ原産のマメ科の多年草です。有効成分はイソフラボンで、女性ホルモンと同じ...

大豆イソフラボン

大豆特有の成分で植物性ポリフェノールの一種です。女性ホルモンのエストロゲンと同様...

レッドクローバー

ヨーロッパ原産のマメ科の多年草です。有効成分はイソフラボンで、女性ホルモンと同じ...

バレリアン

ギリシャ時代から精神や神経を鎮め、眠りを深める植物として利用されてきたハーブの一...

大豆イソフラボン

大豆特有の成分で植物性ポリフェノールの一種です。女性ホルモンのエストロゲンと同様...

セントジョーンズワート

軽中程度のうつ病、うつ状態に効くといわれる薬用植物です。日本やアメリカではサプリ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「アンチエイジングサプリメント」です。2014年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジングサプリメント」です。2014年03月17日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジングサプリメント」です。2014年03月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジングサプリメント」です。2014年03月11日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索
ゲーム機