アンチエイジング倶楽部はアンチエイジングに効果のあるサプリメントをわかりやすく紹介、アンチエイジングを心掛けて美しく元気に暮らす方法を提案します。

トップ > マリアアザミ

マリアアザミ

ヨーロッパで古くから肝臓の病気に効くハーブとして伝統医療薬に使われてきました。ローマ帝国時代には強壮剤として使われました。肝障害に効力を発揮しますが、特に化学物質による肝臓障害の予防に効果があります。安全性の高いハーブです。

【効果・効能】
アルコール性肝障害・薬剤性肝障害を予防、改善します。肝硬変やウイルス性肝炎を改善します。

関連記事

卵黄コリン

卵の黄身にあるリン脂質の主成分で、卵黄ホスファチジルコリンとも呼ばれます。体内で...

マリアアザミ

ヨーロッパで古くから肝臓の病気に効くハーブとして伝統医療薬に使われてきました。ロ...

プロポリス

ミツバチが樹木から集めた植物成分に、ミツバチの分泌物を合わせたものです。有効成分...

田七ニンジン

高麗ニンジンと同じウコギ科のハーブです。雲南省などで栽培され、漢方では不老不死の...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「アンチエイジングサプリメント」です。2014年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジングサプリメント」です。2014年03月17日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジングサプリメント」です。2014年03月13日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジングサプリメント」です。2014年03月11日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索
ゲーム機